伊豆半島ジオパーク~峰温泉大噴湯・爪木崎・弁天島

山へ行こう

2017年1月8日

峰温泉大噴湯~30メートルも吹き上がる自噴泉

伊豆半島の河津町に、温泉が30メートル吹き上がるのを見ることができるところがあるというので行ってみました。吹き上がる時間は決まっていますので、HP等で確認してお出かけください。

南から来た火山の贈りもの 伊豆半島ジオパーク
2012年に日本ジオパーク認定された、貴重な景観を持つ「南から来た火山の贈りもの」伊豆半島ジオパークが様々な情報を発信します。

卵を買って、こうして温泉卵を作ることもできます。

峰温泉大噴湯公園のすぐ裏には旅館があり、そこにもこんな施設がありました。

さて、いよいよ噴き上げの予定時刻。続々と人が集まってきます。そして・・・

きたきた~!

この日は雲が多かったので噴き上げるお湯なのか雲なのか写真だと分かりにくくて残念ですが、もし雲一つない青空だったら、すごい迫力なんだろうなと思います。

ズームイン

入園も無料ですし、足湯を楽しむこともできるので、おすすめです。

爪木崎~ひと足早く春を告げる水仙

伊豆下田市にある爪木崎は水仙の名所。海から吹きつける風はまだまだ冷たいですが、水仙の甘い香りやアロエの花を楽しむことができます。

ちょうど雨上がりで、虹が2本見えました。

可愛らしい小鳥がアロエの花の蜜を吸いに来ていました。

遊歩道を奥へと進んでいきます。

重い雲が垂れ込めていました

さらに奥へ進むと「俵磯」に出ます。伊豆半島が海底火山だったころ、マグマが冷えてできた「柱状節理」が見られます。

柿崎弁天島~海底火山の活動で作られた縞々の地層

ここでは、数百万年前に海底火山から噴出した火山灰や軽石が、波や海流によって運ばれてできた縞々模様の地層が見られます。

タイトルとURLをコピーしました